2014年01月07日

10分程の朝ものがたり

 いつものように地下鉄の改札を通り、
階段をホームに降りていると、
後ろから堅い杖の音がしました。

なにか聞きながら同じ電車に乗ってきた彼女は、
一緒になった男性に
下車駅がいくつ目か
何度も確認していました。
話の様子で、
彼女は85歳、
大学受験する孫の合格を祈願しに、
家族にないしょで、
伊勢神宮に行くそうな。
一緒にいた男性は、
静かに接していました。
「戦争はいやだ!
なにもかも焼けてしまう!」
突然彼女が言いました。
彼女にとって、
忘れがたい出来事で、
記憶に刻まれた物。
驚きましたが、
彼女の体験と
その後の半生を思い巡らせました。

 下車後の乗り換えを彼女に聞かれた男性が、
駅員さんに聞くようにと伝えていたのがすばらしかったです。
男性は彼女の状況を理解して、
最前の方法を考えたからです。

 彼女は私と同じ駅で下車し、
人混みを避けながら
無事改札に着きました。
私は彼女の旅の無事と、
お孫さんの大学合格を祈りつつ、
先を急ぎました。

 ところで、
お孫さんの受験は今年…?
posted by 風船 at 18:21| Comment(0) | エトセトラ

2014年01月03日

正月早々

 新年あけましておめでとうございます!
昨年中は拙いブログをお読みくださり
ありがとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

 年末・年始はいかがお過ごしでしょうか?
急遽お雑煮担当になり、
大晦日にデパ地下で材料揃えて、
なんとか作りました。
久しぶりの料理は材料集めから楽しく、
店員さんがいろいろ教えてくれました。

 パソコンの住所録データが二つ存在していたようで、
パソコンが壊れた時に
新しい方が無くなってしまいました。
数年前の物を加工しながら年賀状の住所印刷を始めたのが元旦!
引っ越しの記憶がある人は印を付けて印刷を待ち、
年賀状が届いた時点で確認しています。

 昨日の外出時に、
テーブルに置かれた20枚近くの束を持ち、
住所印刷済みの年賀状としてポストに入れました。
帰宅してテーブルの束を見ると、
住所が印刷してありました!
「ギャーッ!」
祈る思いで郵便局の問い合わせ窓口に電話して相談しました。
最寄りの郵便局に相談するようにとのことで、
最寄りの郵便局に投函時間と投函場所を伝えて相談しました。
「これから収集してきたのが届きます。
見つかったら連絡します。」
とのことで待っていると
発見連絡がありました!
「取りにきていただきたいのですが…。」
地下鉄の駅の側の郵便局に取りに行きました。
24時間営業の窓口で無事受け取り、
出す予定だった物を託して帰りました。
見つけてくださった郵便局の皆さんに大感謝です!
私の年賀状は、
差出人は宛先と一緒に印刷するようになっています。
写真付きなどの特徴を言って見つけていただきました。

 今日はいつも最後になる
点字入り年賀状を作ります。
posted by 風船 at 07:24| Comment(0) | エトセトラ

2013年12月15日

オフ

 久しぶりに予定がない土曜、
前夜、
起きられたら映画に行こうなどと
漠然と思案しつつ眠りましたが、
友からの電話のおかげで
ゴミだし時間に間に合いました。
明日からは予定があるので、
家にいることにしました。
しばらくセブンパソコンが借りられる事になり、
月曜に届きました。
手持ちのデータの保存状況の確認しようとしましたが、
慣れないので気が重く、
点毎(雑誌)のまとめ読みから始めました。
「幸せのトンボ」のコラムが好きです!

 その後不要な封筒を処分し、
貯めてあったアンケートに答えて封入しました。
点字のアンケートはじっくり読みながら答えたいので、
つい後回しにしてしまいますが、
意志を示せて嬉しいです。
ファンヒーターとホットカーペットでぬくもりながらなので、
ついついお昼寝もしてしまいました。
FMでゆったり音楽やインタビューを聴き、
晩ご飯の後にテレビを見て、
やっとやる気になり、
パソコンを立ち上げました。
ドキッ!としましたが、
ジュウショロクはラベル順に並び替えて
データの無事を確認しました。
借り物のメーラーに少し慣れてきました。
インターネットの調べ物もできて一安心です。
ほんのちょっと部屋がかたづき(誰にも気づかれないかも)、
パソコンに慣れてきたので、
年末までなんとか乗り切れそうです。
posted by 風船 at 04:21| Comment(0) | エトセトラ

2013年12月03日

師走の夜

 いよいよ師走!
澄んだ空気に紅葉が美しく、
荒れた天気のおかげのような。
上野駅では冬季の始発列車の半自動ドア対応が始まりました。

 昨晩、
忘れ物のタオルマフラーを取りに、
路地を入り、
地下の居酒屋に向かっていた時、
「どこに行くの?」と声をかけてきた男性が、
事情を話すと、
雑居ビルの地下の居酒屋に行き、
忘れ物を受け取り、
路地に出るまで
案内してくださいました。
その人は誰かとの待ち合わせ場所に向かい、
私は帰途につきました。

 家の近くのコンビニから出て歩き出すと、
年長の男性に呼び止められました。
警戒しながら立ち止まると、
彼は誰かと近づいてきました。
「会いたかったんだね。」と言う様子に、
パートナーに会いたかったと気づき、
「ごめんなさい、
この子遊べないの。」と答えました。
彼は、
「そうだよね。」と納得し、
誰かに、
案内する犬だからと話していました。
「誰か」は声を発しなかったので、
はっきり分かりませんが、
純粋な魂の持ち主のようでした。
歩き出した私達を見送っていたようですが、
後を付いてはこなかったので、
そのまま帰りました。
なんとも言えない暖かな人達に会い、
どこかほっこりしました。
posted by 風船 at 08:18| Comment(0) | エトセトラ

2013年12月02日

「ある日突然!♪」

 半月ほど前になります。
その前の週の前半、
私のウィンドウズXPノートパソコンの
動作が妙に感じました。
立ち上げると30分間ほど「なにか」していて、
作業ができませんでした。
自動更新の後復活して
ほっとしていました。
前の晩にメールを読み、
その朝待ち合わせ場所の再確認をしようと
パソコンを立ち上げました。
すると、
同じ動作を繰り返しているようで、
立ち上がりません。
その日開催の講演と映画会に、
パソコンを背負って参加しました。
お茶会の時に事情を話して、
参加者に見ていただきました。
しばらく真剣に観察して、
「XPのロゴが出た後に電源が落ちて、
また入ってロゴが出て…を繰り返している。
素人は手が出せない!」とのこと。
その週末、
量販店のパソコン診断に持ち込みました。
重傷とのことで、
診断には1週間くらいかかるとのことでした。
金曜に連絡があり、
ハードディスクの損傷が激しいとのこと。
帰りに覚悟しながら量販店に行きました。
「ここではデータ取り出しはできませんが、
別の業者だとできるかもしれません。
ただし金額はそれなりに高額になります。」
ずっと私を支えてくれたパソコン、
十分手は尽くした。
そんな思いで、
業者には出さないと伝えました。
すると、
この状態で、
10円で買い取ってくれると言われて驚きました。
手元に来ても処分が難しいので、
お願いしました。
パソコン用ソフトケースを受け取り、
心で「ありがとう!」と言いつつ店を出ました。
最愛の人との別れのようで、
取り乱さないように苦労しました。
来年春のマイクロソフトのサポート終了に備えて、
セブンパソコン入手準備をしていたところだったのが、
少し後ろめたい気もしました。

 日曜の映画の日の上映会の後の食事会で、
先日の上映会で一緒だった人が、
「パソコンどうした?」と
心配して聞いてくれました。
私はナンをほおばりながら、
「死にました!」と答えました。
そしてしばらくパソコンの話題になりました。

 友にさんざん言われていて他のデータは2箇所でバックアップを取っていましたが、
メールのバックアップを忘れていました。
幸い携帯にアドレスを登録したのがあるのが救いです。
パソコンアドレス宛のメールが読めないので、
方々に連絡して、
携帯に送り先変更したり、
配信を中止していただくなど、
多くの方にお手数をおかけしました。

 もうすぐセブンパソコンが届きます。
慣れるまでにしばらくかかりそうですが、
ちょっとワクワクしています。
posted by 風船 at 01:08| Comment(0) | エトセトラ

2013年11月09日

ゲーム間隔でチャレンジ!

 職場のイントラネットに繋がって1年ほど経ちます。
願いを叶えてくださった上司と、
ITシステム関連部署の方に感謝です!
JAWSは一部のPDF以外は
ある程度読んでくれる優れ物です。
開発者に大感謝です!
工夫が必要な部分がありますが、
ゆっくり慣れてきました。

 中に教育研修プログラムがあります。
資格の関係で受講不要の物もありますが、
軽い気持ちで受講しています。
受講の後にテストがあります。
昨日、
空白の所に下記の語群から一つ選ぶようにと言う問題があり、
言葉を決め、
スペースでも
エンターでも
押して選ぶと、
空白の所に言葉が入りました!
「おもしろい!」
今まで体験しなかったので、
感激でした。
他にも、
三つの中から一つ選ぶなどあり、
採点ボタンを押すと結果が出ます。
合格するまで答えます。
このような形でみなテスト問題をやっているそうな。
私にとってはゲーム間隔。
そして気づきました。
このような反復学習をしている人達には叶わない!
ある程度パソコンを使いこなせないと、
能力があっても評価されない。
チャンスがあったらチャレンジし続けて、
チャンスを引き寄せるようにすると良いと実感しました。
posted by 風船 at 13:47| Comment(0) | エトセトラ

2013年10月25日

ピンクッション

 なんとなく元気がなくなると
立ち寄るのが花屋さん。
先日の帰りに立ち寄りました。
「1本で、
お手頃価格で、
丈夫なのありますか?」
の問いに、
「こんなのあるよ!」と
下町気風の店員さんが、
大きなケイトウの花の集団の次に、
造花のような手触りで、
外側に細くてしなやかで、
先に丸い玉がついたような、
待ち針のイメージの花弁?があり、
内側にしっかりした蘂のある花を見せてくれました。
花の下にまるくて堅い葉が数枚、
茎を守るようにはりついていました。
「ピンクッションと言って、
オーストラリアの花よ。」
と教えてくれました。

心地よい手触りで、
頬にすりすりしました!
ドライフラワーにもなるけど、
水は必要とのことでした。
早速入手して帰宅しました。

 ネットで調べると、
花言葉は
「どこでも成功」だそうな!

 帰宅するとすぐに、
ピンクッションの手触りを満喫しています。
花屋にいらした時に
対面してはいかがでしょう?
香りは無いそうですが、
なんとなく優しい香りがするような?
posted by 風船 at 08:04| Comment(0) | エトセトラ

2013年10月13日

お知らせください!

 音声ガイド付き上映会に行くと、
「最近ワンコ率が多いね!」
と言われます。
複数の盲導犬ユーザーが映画を観る楽しみを満喫しているからです!

 昨日、有楽町の映画館であった
シティ・ライツの
『映画館でバリアフリー公開される、
是枝監督の最新作「そして父になる」を、
みんなで観に行く鑑賞会』
に行きました。
映画好きな多くの見えている人・見えない人達と一緒に、
複数のユーザーと共に
複数の盲導犬が参加しました。
ロビーで集合していた時の事です。
一緒にいた人が、
「かわいい子立ちが沢山いるから写真撮りたくなるよね」っと言いました。
私は即座に、
「写真は許可を取ってくださいね!」っと言いました。
すると
「すみません!」っと女性が言いました。
「言ってくださればそれなりの対応はします。」と私が言うと、
「音がするから分かりますよね。
遠くで撮っていたので…
すみません」と先ほどの女性。
複数の盲導犬をカメラに収めていたようです。

 ケータイなどカメラが手元にあると、
つい撮りたくなります。
あなた自身やあなたの大切な家族が
許可無く見知らぬカメラにおさまっていたらどうでしょう?
最近ではツイッターなどで流出する恐怖もあります。
写された側に被害があっても
写した人は保証してはくれません。
相手が見えないから気づかれないだろうとの思い込みにあきれてしまいます。

 とはいえ、
未熟な大人(物理年齢)との話ですので、
こちらの真意が上手に伝えにくいこともあります。

 昨日の彼女のように、
私に情景描写のような感じで伝えてくださるのが一番のようです。
みつけた人が直接相手に話しに行くと、
不愉快な思いをしたりこじれたりする恐れがあります。
無断で写真を撮っている人をみつけたら、
被写体に知らせてくださいますようお願いします。
posted by 風船 at 06:55| Comment(0) | エトセトラ

2013年10月10日

あと一品

 下手なんですけど、
最近っていつからかな?
料理できてなくて…

 コンビニであと一品、
なにか欲しいときに便利な、
真空パック入りの
一人分総菜が充実しているのを知りました。
肉じゃが、
おでんの具みたいな野菜の煮物、
ロールキャベツ、
サンマのショウガ煮など。
主婦にも強いみかたです。
割高ですが
上手に活用してます。
posted by 風船 at 08:06| Comment(0) | エトセトラ

2013年10月07日

伸びる子

 10月6日は
年に1度のアイメイトデイ!
今年は新宿のホテルで開催されました。
イベントは午後からでしたが、
午前中から開いていたレストランで、
10人程が集まり、
打ち合わせと早めの食事をしました。
若い店員さんが水をテーブルに置き、
あり場所を私の手を持って知らせてくれました。
手の甲が上の状態でコップに触れさせたので、
指先で倒しそうになりました。
その人の手を持ち、
手の甲を横にして、
低い位置からコップに触れさせ、
これだと倒さなくて良いよ!
と伝えました。
手を固くした彼女には
私の伝えたいことは分からないようでした。

 サラダを運んできた店員さんも、
私の手の甲を上にして
食器に導いたので、
葉っぱが手に触れました。
彼女の手を借り、
手の甲を横にして
食器に触れさせ、
この方が良いよ!
と伝えました。
私に預けた手は柔らかく、
直後の
「ありがとうございます!」の声に
目から鱗が落ちた感動がキラキラ伝わってきました。
瞬間、
この子伸びる!
と実感しました。
いつもと違う客の対応に
最初は店のピリピリ感がありましたが、
ほどなく取れました。
店にとっては
殆ど研修会のようでした。
こんな機会を大切にしたいです。
posted by 風船 at 18:46| Comment(0) | エトセトラ