2014年08月19日

保護

 マイノリティーの存在の私は、
他の人と違う動きをしたり、
興味をもたれることが多々あります。
助けられる事もありますが、
怖いと感じることもあります。

 先日、JRの乗換えで目的のホームを探していました。
階段の下に着き、
左に寄り手すりの点字表示を確認すると、
違うホームと分かり、
パートナーと他の方に行こうとすると、
私達を見ていたらしい年長の男性が、
「どちらに行くんですか?」と
行く手を阻みました。
おそらく見えない人が一人歩きしていることなど、
彼の理解を超えていたのでしょう。
私が他のホームに行くと説明しても分からないようで、
いろいろ聞いてきました。
その時右後ろから女性駅関係者が
「どうしました?」と声をかけてきました。
他のホームに行くところと言い、
即誘導していただきました。
目的地に向かいながら、
小声で、
「ありがとうございます!
ちょっとやばかったんで…」と伝えました。
小柄な彼女が頼もしく感じました!

 程なく目的のホームへの階段に着き、
乗りたい電車がホーム左に着くと教わり、
お礼を言い階段を上り始めました。
後ろで先ほどの男性が
私を案内した駅の方に、
なにか聞いていました。
彼女は私が乗る電車のホームで
ここから先は大丈夫と言われたと伝えてくれたようでした。
男性は付いてはきませんでした。

 先日いつものデパ地下の店の店員さんと話し始めたとき、
初老の女性が、
「この盲導犬何歳?」と聞いてきました。
「ごめんなさい!
私は買い物するところなんです!」と言い、
なじみの店員さんは私を安全な場所に案内してくれました!

 もし、どこかで対応に苦慮している私のような人を見かけたら、
自然体で声をかけてくださると助かります。
その時、
声をかけてくださったときは、
最後まで保護してくださると助かります。
先日、
停車中の電車に乗ることを伝え、
普通車はもう少し前と伝えてくれた人は、
その後消えて、
いつもの経験で普通車に乗ったことがあります。
彼は幽霊か…?
posted by 風船 at 06:18| Comment(0) | エトセトラ

2014年08月14日

ショウガパワー

 ご無沙汰しました!
いかがお過ごしですか?

 私は相変わらずバタバタ過ごしています。
そして、
「気忙しい!」とはこのこと!
何ということはないのかもしれませんが、
なんとなく気忙しく過ごしています。
バタバタと気忙しさが重なると、
不器用な私は要領オーバーで…。
多くの方に助けていただき感謝です!

 この得がたい体験の中で、無形の宝物をたくさんいただいています。
それらを糧に成長できれば嬉しいです。

 さて、難しいことはおいといて…。

 今年も荒れた天気です。
2011年以来夏の乗り物の冷房は抑え気味でしたが、
今年は以前に近い物に戻っているようです。

 放置していた奥歯の虫歯治療に通い始めました。
周りで夏風邪が流行り始め、
私も流行に乗ったようで、
咳が出ていました。
ある日、節々が痛くなりました!
のどはいがいがする程度でしたが、
目の炎症が強く、
めずらしく微熱があったようです。
内科で飲み薬と目薬をいただきました。
数日節々が痛く、
咳が続き、
目の炎症は簡単には治まらず、
体中凝った感じでした。
ちょうどあせもが出始めたので、
いつもの夏のように朝湯と同時に帰宅してから軽く汗を流すようにしました。

 そして、素麺とナスが食べたくなりました!
素麺を茹で、
レンジで「チン!」したナスを冷やして
ショウガ汁をおもいきりかけ、
素麺つゆにもミョウガとシソなどと一緒にショウガ汁を入れました。
併せると通常の3倍量くらいでしょうか。
なんだか気持ちがよくなりました!
次の朝目覚めると、凝り感が取れていました!
自助スイッチが入った感覚でした!
やはり暖かい物、
もしくは暖かい物を自然に冷やした物と、
ショウガが私にはあっているようです。
それぞれのやり方で夏を乗り切って行きましょう!
posted by 風船 at 10:23| Comment(0) | エトセトラ

2014年05月14日

シャクヤク

 「立てばシャクヤク、
座ればボタン、
歩く姿はユリの花」は
美人の代名詞!
と書いて
通じる人は何人いるかしら?

 時々発作的に花を飾りたくなります。

 先日も発作が起きて、
花屋に行くと、
シャクヤクを進められました。
先代の花屋の主人は、
咲かせるのが難しいと言い、
1度開かなかった事があったような気がしましたが、
チャレンジすることにしました。
2度続きましたが、
2度目の時は繁忙時で、
茎に水を含ませたティッシュを付けずに渡されました。
玉のような堅いつぼみでした。
帰宅して急いでクラッシックなビール瓶にさし、
茎の裾を切り、
せっせと水を換えていました。

数日後、
少しずつ頭がゆるみ始め、
数日後に、
「フワーッ!」っと開きました!
とても良い香りが、
「ありがとう!」と言っているようです。
フウッ!っと疲れがとれました!
posted by 風船 at 08:19| Comment(2) | エトセトラ

2014年04月08日

この時期思い出す事

 ご無沙汰しました。
いかがお過ごしですか?

 今年は我が家のチンチョウゲが長く香っていました。
昨年11月に入手の時、
花屋さんには寒さで枯れると言われたビオラは
西日のおかげで寒さに耐え、
ちじこまっていた茎を伸ばして花盛りです!

 新年度が始まる時、
環境が変わる時に思い出す事があります。

 3頭目のパートナーとの歩行指導の時、
ふた昔ほど前で、
今ほど社会も職場も
見えない人がアイメイトと働くことに理解がなかった頃の事です。
私自身も真の意味が十分理解できていなかったかもしれません。
当時は勤務中、
パートナーは待機場所で待っていました。
いろいろあって不安を感じていたとき、
担当指導員から、
「人は新しい所に慣れるのに時間がかかる。
この子達も同じなので、
環境に慣れる時間をいただき、
周りの皆さんに
アイメイトとあなたが一緒に働くことに
慣れてもらったら?」
とアドバイスをいただきました。
これを実践して今の私達があります。

 その後、
職場等で今までとレイアウトが変わると、
導線の変化に慣れるまでに、
みんな時間がかかる事を知りました。
見えない私の存在に周りが慣れるのに数ヶ月かかる事も知りました。
 ちょっとした環境変化に適応するのに時間がかかる例はたくさんあります。
テレビやラジオの番組改編などもそうですね。
ところが、
この「慣れる余裕」が忘れられるケースが多いようです。
引っ越しの後高齢者のボケが進むとか…。
幼児や高齢者は慣れるまで時間がかかるので、
そっと寄り添っていると慣れてくるようです。
皆そうなので疲労感は増えます。
上手に向き合って慣れて行くわけです。

 この時期は通勤時間が変わったり、
通勤・通学路が変わったりして、
慣れない皆さんが溢れています。
そんな中、
いつものルートで通勤していて、
とまどう私達を気にかけてくださる方がいてありがたいです。
ときに慣れない皆さんが慣れない尺度でサポートしてくださることがあり、
とまどう事もあります。
だいたいゴールデンウィークが終わると落ち着くのですが…。


 シルバー隊が先月から夕飯の配食サービスを利用し始めました。
届けてくれる業者さん、
届いた食事を食べる習慣など、
慣れるのに半月ほどかかりました。
私の帰宅時に二人がいろいろ言っているのを聞きながら、
おいしそう!
メニューが重なっていない!
担当は区の古い業者で、
配達しながら無事を確認してくれるのは良いなど、
良いところを言っていたら、慣れたようです。

 いろいろなことにじっくり慣れて行きたいです。
posted by 風船 at 06:14| Comment(1) | エトセトラ

2014年02月18日

今朝もドジ

 ここのところ、
職場で
化粧ポーチや小銭入れを置き忘れたのに気づかなかったり、
ドジが加速しているようです。

 今朝も携帯電話がバッグに無いので、
家の電話から呼び出してみました。
着信音が後ろからするので、
その辺りを探すのですが見つかりません。
2度めに呼び出した時に、
私が動くと音も動くのに気づきました。
あっ!
さっき、
背中に背負ったリュックに入れたかも!
思わず笑ってしまいました。
posted by 風船 at 08:18| Comment(0) | エトセトラ

2014年01月24日

低反発クッション効果

 去年の職場のクリスマス会のリクエストで、
職場で使えるクッションを希望しました。
希望通りに
椅子サイズのクッションをいただきました。
量販店でクッションカバーを仕入れ、
いざ使い始めると、
なんと!
左腰等が痛くなりました!
なぜ?
立ち上がってクッションのへこみを確認すると、
左側がよりへこんでいました!
まっすぐ座っているつもりでしたが、
左に傾いて座っていたようです。
以前から電車のベンチ式シートの
左端に座ると、
よりかかれてほっとしていたのを思い出しました。
「座る」事を意識し、
姿勢を整えながら座るようにしました。
立ち上がった時に、
クッションがハート型に均等にへこんでいるようになりました。
最初に感じた痛みは消えました。
へこみ癖がつかないように、
時々クッションの向きを変えています。
家などで椅子に座る時に、
均等な座り方をしていないと
気づけるようになりました。
体が覚えたようです、ニコニコ!
良い習慣を持続したいです。
posted by 風船 at 00:00| Comment(0) | エトセトラ

2014年01月07日

10分程の朝ものがたり

 いつものように地下鉄の改札を通り、
階段をホームに降りていると、
後ろから堅い杖の音がしました。

なにか聞きながら同じ電車に乗ってきた彼女は、
一緒になった男性に
下車駅がいくつ目か
何度も確認していました。
話の様子で、
彼女は85歳、
大学受験する孫の合格を祈願しに、
家族にないしょで、
伊勢神宮に行くそうな。
一緒にいた男性は、
静かに接していました。
「戦争はいやだ!
なにもかも焼けてしまう!」
突然彼女が言いました。
彼女にとって、
忘れがたい出来事で、
記憶に刻まれた物。
驚きましたが、
彼女の体験と
その後の半生を思い巡らせました。

 下車後の乗り換えを彼女に聞かれた男性が、
駅員さんに聞くようにと伝えていたのがすばらしかったです。
男性は彼女の状況を理解して、
最前の方法を考えたからです。

 彼女は私と同じ駅で下車し、
人混みを避けながら
無事改札に着きました。
私は彼女の旅の無事と、
お孫さんの大学合格を祈りつつ、
先を急ぎました。

 ところで、
お孫さんの受験は今年…?
posted by 風船 at 18:21| Comment(0) | エトセトラ

2014年01月03日

正月早々

 新年あけましておめでとうございます!
昨年中は拙いブログをお読みくださり
ありがとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

 年末・年始はいかがお過ごしでしょうか?
急遽お雑煮担当になり、
大晦日にデパ地下で材料揃えて、
なんとか作りました。
久しぶりの料理は材料集めから楽しく、
店員さんがいろいろ教えてくれました。

 パソコンの住所録データが二つ存在していたようで、
パソコンが壊れた時に
新しい方が無くなってしまいました。
数年前の物を加工しながら年賀状の住所印刷を始めたのが元旦!
引っ越しの記憶がある人は印を付けて印刷を待ち、
年賀状が届いた時点で確認しています。

 昨日の外出時に、
テーブルに置かれた20枚近くの束を持ち、
住所印刷済みの年賀状としてポストに入れました。
帰宅してテーブルの束を見ると、
住所が印刷してありました!
「ギャーッ!」
祈る思いで郵便局の問い合わせ窓口に電話して相談しました。
最寄りの郵便局に相談するようにとのことで、
最寄りの郵便局に投函時間と投函場所を伝えて相談しました。
「これから収集してきたのが届きます。
見つかったら連絡します。」
とのことで待っていると
発見連絡がありました!
「取りにきていただきたいのですが…。」
地下鉄の駅の側の郵便局に取りに行きました。
24時間営業の窓口で無事受け取り、
出す予定だった物を託して帰りました。
見つけてくださった郵便局の皆さんに大感謝です!
私の年賀状は、
差出人は宛先と一緒に印刷するようになっています。
写真付きなどの特徴を言って見つけていただきました。

 今日はいつも最後になる
点字入り年賀状を作ります。
posted by 風船 at 07:24| Comment(0) | エトセトラ

2013年12月15日

オフ

 久しぶりに予定がない土曜、
前夜、
起きられたら映画に行こうなどと
漠然と思案しつつ眠りましたが、
友からの電話のおかげで
ゴミだし時間に間に合いました。
明日からは予定があるので、
家にいることにしました。
しばらくセブンパソコンが借りられる事になり、
月曜に届きました。
手持ちのデータの保存状況の確認しようとしましたが、
慣れないので気が重く、
点毎(雑誌)のまとめ読みから始めました。
「幸せのトンボ」のコラムが好きです!

 その後不要な封筒を処分し、
貯めてあったアンケートに答えて封入しました。
点字のアンケートはじっくり読みながら答えたいので、
つい後回しにしてしまいますが、
意志を示せて嬉しいです。
ファンヒーターとホットカーペットでぬくもりながらなので、
ついついお昼寝もしてしまいました。
FMでゆったり音楽やインタビューを聴き、
晩ご飯の後にテレビを見て、
やっとやる気になり、
パソコンを立ち上げました。
ドキッ!としましたが、
ジュウショロクはラベル順に並び替えて
データの無事を確認しました。
借り物のメーラーに少し慣れてきました。
インターネットの調べ物もできて一安心です。
ほんのちょっと部屋がかたづき(誰にも気づかれないかも)、
パソコンに慣れてきたので、
年末までなんとか乗り切れそうです。
posted by 風船 at 04:21| Comment(0) | エトセトラ

2013年12月03日

師走の夜

 いよいよ師走!
澄んだ空気に紅葉が美しく、
荒れた天気のおかげのような。
上野駅では冬季の始発列車の半自動ドア対応が始まりました。

 昨晩、
忘れ物のタオルマフラーを取りに、
路地を入り、
地下の居酒屋に向かっていた時、
「どこに行くの?」と声をかけてきた男性が、
事情を話すと、
雑居ビルの地下の居酒屋に行き、
忘れ物を受け取り、
路地に出るまで
案内してくださいました。
その人は誰かとの待ち合わせ場所に向かい、
私は帰途につきました。

 家の近くのコンビニから出て歩き出すと、
年長の男性に呼び止められました。
警戒しながら立ち止まると、
彼は誰かと近づいてきました。
「会いたかったんだね。」と言う様子に、
パートナーに会いたかったと気づき、
「ごめんなさい、
この子遊べないの。」と答えました。
彼は、
「そうだよね。」と納得し、
誰かに、
案内する犬だからと話していました。
「誰か」は声を発しなかったので、
はっきり分かりませんが、
純粋な魂の持ち主のようでした。
歩き出した私達を見送っていたようですが、
後を付いてはこなかったので、
そのまま帰りました。
なんとも言えない暖かな人達に会い、
どこかほっこりしました。
posted by 風船 at 08:18| Comment(0) | エトセトラ