2022年04月20日

見本の活用

 透明と思われる商品ぱっけーじに
広告が載ってると意識したのはいつだったでしょうか…。

 いつぞや、
しっかりした作りだったので書類を入れて持参して出したとき、
先方が言いにくそうに、
その袋に女性用の下着のシャツの絵が出ていると知らせてくれました。
アチャー!
袋に中身の名前や絵が印刷してあれば、
取り扱いが楽で宣伝効果があります。
サラダ屋さんの袋にも楽しい広告が載っていたっけ。

 同じ商品が欲しい時に、
見本代わりに空き箱、
空き袋や個包装の商品を持参し、
「これと同じ物」と言って探してもらうことが多いです。

 先日も同じようにして買い物をしました。
他の商品とともに、
大好きなコーヒー味の飴を10袋入手したいと伝え、
半分中身が入った袋を
見本として店のサポートの方に渡しました。
会計の前に他の見本は手元に戻りましたが、
飴の袋は戻りません。
「飴の袋は?」と聞くと、
後で返すとの事でした。

 帰宅して、
一緒に入手の煎茶の値段を確認したくなりました。
我が家のOCR、
マイリードセブンでレシートを読ませました。
幸い完璧に読んでくれて、
購入品の値段と個数を読み上げました。

 あれ?
コーヒー飴が11袋になってる!
レジでカウントされたんだ!
あの時点で籠に入っていたらカウントされても仕方ない。
私、サポートの方に見本を返してと言ったのに…。

 次の日、店に経緯を連絡しました。
レジ担当の方は悪くない、
私がレジにいて、
同じものが10袋あって、
飴が半分入った見本が入っていたら、
同じことをしていたから。
サポートの方が事前に見本を私に返していたら起きなかったこと。
個包装された飴玉の袋にも商品名は印刷されているので、
小さいけれどそちらを見本として渡すなど、
こちらも気を付けると伝えました。
電話口で担当者が恐縮していました。
店のポイントカードを持っているか聞かれ、
持っていると伝えました。

 後で経理関係者から、
ポイントで支払い金額を変換すると連絡がありました。
ドキドキしながらこれからも店に来て欲しいと言う経理の方に、
これからも行くと伝えました。

 以前の職場で、
前職は小さな企業の社長さんらしかった運転手さんが、
「『働く』って、傍を楽にすることなんだよ。」
と言っていたのを思い出しました。
どんな仕事もちょっとした気配りのチームワークなんですね。
皆が楽になるよう見本を活用していきます。

posted by 風船 at 19:38| Comment(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: