2017年10月23日

OCRが身近に!

 毎日帰宅すると郵便受けをチェックします。
広告やダイレクトメール、手紙等が届いています。
これらの種分けなどの工夫はありますか?

 私はしばらく前から「MyRead7」を使い始めました。

 高知システムの製品案内のページには、次のように紹介されています。

「MyRead7は、スキャナにセットされた原稿(活字)を音声で朗読する
スクリーンリーダー PC-Talkerシリーズ対応の活字読み上げシステムです。
いろいろな本、書類、ダイレクトメール、ファックス、名刺などが読めます。」

 OCRの存在は前から知っていました。
何度か試してみましたが、とんでもない読み方をする場面があり、
限界を感じて頼らずにいました。
大まかには家人が読み、
込み入ったものは東京都障碍者福祉会館の
文字サービスを利用していました。

 生活環境が変り、必要に迫られ、
周りの皆さんに工夫等聞き、
手持ちのパソコンとプリンターが利用できて、個人情報が漏れない、
OCRを使うことになりました。

 相変わらず苦笑する読み方をすることがあります。
郵便局の不在表の種類番号は読めません。
追跡番号は読めるので対応できます。
スキャナーに置いた紙の向きを変えるとより読んでくれることがあります。
知恵比べ気分です。

 いわゆる窓付き封筒は窓の透明な部分から中の印刷物が見えるようになってい
ます。
その部分にあて先や宣伝、重要なことなどが書かれています。
開封しなくても読んでくれました。
開封して取り出した書類の内容も時間を気にせず確認できます。

 デパートの案内葉書は宛先の面に小品案内が出ていました。
葉書の圧着部分のはがし方がうまくなりました。

 内容を確認し、
必要な者は封筒や書類に点字で簡単な内容を記載して保存します。
不要な者はゴミ箱え!
住所が書かれている物は細かくしてから捨てます。

 以前よりOCRが身近な存在になりました。


posted by 風船 at 00:03| Comment(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: