2017年07月22日

余波3

 このお題で書いた原稿、
後で確認すると読みにくい形でアップしていました。
失礼しました。

 時が流れ、最近はなんとなく折り合いがつけられるようになりました。
相変わらず警備の方が付いてきたり、
不用意に無言で前に立たれたり、
思い込みで誘導されたり…
変っていないことはたくさんあります。

 そして変ったことも。

 「こえかけキャンペーン」の継続は、
一般の方が自分と違う生活をしている方に関わるきっかけとなりました。
思い込みが先行してこちらの声が届かなかったことが多かったですが、
こちらの話を聞いてくれることが増えました。
現場の駅関係者はマニュアルとの狭間で揺れているようですが、
当事者への声かけ・対応などが洗練されてきました。

 私自身は朝の通勤電車の優先席に座らなくしてから自信を取り戻しました。
バスの下車駅で皆が下りてから下車していたのを流れに任せて、
急ぐ人が下りてから動き出すようにしました。
この下車のタイミングですが、
周りは私を気遣い、私は周りに配慮していたようです。
私は最後に下りたいのですが、
乗り継ぎ時間が短くなったので方針を変えました。

 見えない私は音や風の流れ等で判断して行動しています。

 空席の前で立っていることがあります。
空席に気づいていません。
「誰かを」むりやり立たせるのは気が引けます。

 駅のホームや道で立ち止まっていると声がかかります。
迷っているのか心配していただいてのご配慮です。
「今いる場所」を把握していないとその後の行動ができません。
立ち止まって確認しています。
余裕があるときはその都度説明するようにしています。
例えばホームでは電車の走る位置や方向、
エスカレーターや階段の場所、
人の動き等です。
左側に電車がいるときは走り出すまで待ちます。
道では車や人の流れ、
信号の位置などです。
自分自身で納得してから動きます。
分からないときは周りに聞きます。

 私は道などを点、線で理解していることが多いです。
点や線が繋がると歩けますが、
面で理解していないので応用がききません。
目標の建物や出口の名前を覚えて、
そこからの道順はなんとなく分かる状態のときがあります。
それで目標物を聞くことにしています。
見えている方はこの辺りが理解しにくいようです。
この「感覚」とも言うべきことは、
見えない人でも個人差があります。
視力の状況、外出経験などで差が出ます。
一人ひとり違うのできいていただくと助かります。

 以前先輩に、
「誘導していただいているときでも責任はフィフティーフィフティー。」と
聞きました。
周りの音や風、足元など把握しながら進みます。
「エスカレーター」と言ってもエレベーターに案内されたことがあります。
最近は「動く箱」や「動く会談」と言い添えるようにしています。
余裕のあるときは声かけしてくださった方が舞い上がっているか考慮します。
が自分が体調等で考慮できないこともあります。

 いろいろなことがありますが、
これからも積極的に外出し、人生をエンジョイします。
posted by 風船 at 23:09| Comment(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: