2022年04月21日

新しいBSチャンネル

 4月下旬になり、
そろそろ新しいテレビ番組に馴染み始めた頃でしょうか。
ドラマの粗筋を追うとなんとか間に合う時期でもあります。

TVer - 無料で動画見放題
https://tver.jp/

 こちらは地上波の番組を無料で1週間前まで遡って見ることができます。

 先月、BSで新しいチャンネルが放送開始になりました。
 3月21日開局の「BSよしもと」(265ch)、
26日開局の「BS松竹東急」(260ch)、
27日開局の「BSJapanext」(263ch)
いずれも無料放送です。

 ラジオでこのことを知りました。
我が家はBS放送は受信できるけれど、
新しいチャンネルは受信できるかしら…?

 ふとスポーツ放送などで有名になった
サブチャンネル切り替え方法を思い出しました。
試しにBS12チャンネルに合わせて、
縦長のチャンネル切り替えボタンを何回か押してみました。
「このチャンネルは(有料なので)受信できません」のアナウンスが流れました。
あと数回繰り返すと、
以前から開局していた無料のスポーツチャンネルに変わりました。
同じ動作を何度か繰り返していると、
松竹東急チャンネルが映りました!
やった!
 古い映画や歌舞伎など興味深い番組が流れました。

 ボタンで地デジを見た後BSに戻すと、
同じく松竹東急チャンネルが映りました。
チャンネル選びは数字入力で行う方法がありそうですが、
急がなければチャンネル切り替えボタンで操作できそうです。

 我が家のテレビはパナソニックのビエラです。
操作に音声ガイドが付いているので便利です。
チャンネルを切り替える度にチャンネル名を読み上げます。


 さて、今日はなにを見ようかな…。
posted by 風船 at 16:09| Comment(0) | エトセトラ

記事を読んでの雑感

 こんな記事に出会いました。

「思い通りにならない体」の不思議さに耳を傾ける 
美学者・東京工業大学教授・伊藤亜紗(1/6)
〈AERA〉 | AERA dot. (アエラドット)
https://dot.asahi.com/aera/2022041200020.html

 読み終わって、もやもやした部分がすーっと晴れた気がしました。
最近の、社会の変化が重用との「社会モデル」は、
個人の努力を求める「個人モデル」を否定するような風潮を感じていたからです。

 例えば、
私はざるに入れて米をとぎます。
みんなそうしていると思っていましたが、
盲学校の家庭科の先生が、
試行錯誤でみつけて伝授した技のようでした。

 世の中にはそれぞれの場所で、
いろいろな方法で生きている人達がいます。
暮らしの知恵を何らかの方法で学びます。
これは「健常者」と言われる人達も同じなんですが、
「障碍者」はなぜひとくくりにされるのかしら…?
 固有の状況でそれぞれが尊重され、
人生をエンジョイする工夫があって、
個人の学習、努力と社会のサポートが一体となると
より良い暮らしができる。
「社会モデル」と「個人モデル」は両方重用で、
やり方はいくつもあって、
それぞれが共存できる世界であり続けますように願います。
posted by 風船 at 11:55| Comment(0) | エトセトラ