2018年02月25日

長期計画、快適生活

 2018年が始まって2ヶ月が過ぎようとしています。
今年の計画を実践していますか?

 私は昨年から緩く長期計画実践中です。

昨年秋に定まったことがありました。
それで「快適に暮らせる我が家」計画を始めました。

 私はかたづけるのが苦手です。
物を捨てられないタイプです。
それぞれの物に愛着があります。
 家人がかたづけると手元から別の場所に移され、分からなくなるのが嫌でした。
生来のずぼらも手伝って、物が溢れていました。

 昨年末、来客がありました。
普段は荷物が溢れ放題の部屋に、
「座れる場所」が必要になりました。
気持ちが定まった後でしたので、
年末の掃除も兼ねて部屋をかたづけました。
以前に一時避難場所として荷物を置いたままだった部屋を保存場所と定め、
荷物を移し、不要な物は処分しました。
それでもぬいぐるみと同じソファーに座った方がいました。

 片づいた部屋でぬいぐるみとゆったり新年を迎えた私は、
年代物のソファーの快適さに感動しました。
今使う物と側に置きたい大切な物を我が家に、
次に大切な物や資料を保存場所に移すことにしました。
届いた郵便などをついテーブルの上に置いていました。
テーブルの上も綺麗にすることにして、
引き出しを一つ空けて郵便置き場にしました。

 かたづけるときは引き出しの中身を空にして、
出した物を、
必要・不要・保存・未定に分けました。
必要な物は引き出しに戻し、
不要な物は処分し、
保存と未定な物はそれぞれまとめて保管しました。
不要な物のうち、
ラッピングのリボンなどはまとめて使ってくれそうな所に持ち込みました。
文房具等同じ用途で使うものは、一つの場所にまとめました。
部屋には引き出しが数箇所あります。
この作業の繰り返しです。
以前も「大切な物」の確認はしていたようでしたが、
当時大切だった書類が今は不要で差し替えたりしました。
 近所のコンビニで箱を譲っていただき、
点字の雑誌等の廃棄ボックスにしました。
テーブルに物を置かないようにすると、
ソファーにも物を置かないように気をつけるようになりました。
届いた郵便や雑誌類の確認を早くするようになりました。
以前は床に置いていたリュックやショルダーの置き場所ができました。

 部屋の隅にはダンボールがあり、
棚や押入れ等は手付かずですが、
物が減った部屋で快適に暮らしていると、
普段に必要な物は限られていると気づきました。

 「長期計画」はいつ終わるやら…。
少なくともこの「快適生活」は続けて行きたいです。


posted by 風船 at 18:55| Comment(0) | エトセトラ