2014年08月20日

ゴウヤの浅漬け

 昨日ゴウヤをいただきました。
自家製のゴウヤに触れながら、
いつか1度だけコンビニにあった
ゴウヤ、
その時はお浸しとあったようにも記憶していますが、
ほろ苦くおいしかった事を思い出していました。
「やってみよう!」と思い立ち、
ゴウヤのワタと種を取り、
細かく刻み、
ビニール袋に入れ、
粉末タイプのえばら浅漬けの素があったので、
袋に入れて、
袋をもみながらなじませました。
出てきた水分をもみ出しました。
食べてみると、
ゴウヤのえぐみが抜け、
ほろ苦くおいしい浅漬けになりました!
いつか食べた味です!
簡単なのが嬉しいです!
posted by 風船 at 08:04| Comment(1) | エトセトラ

2014年08月19日

保護

 マイノリティーの存在の私は、
他の人と違う動きをしたり、
興味をもたれることが多々あります。
助けられる事もありますが、
怖いと感じることもあります。

 先日、JRの乗換えで目的のホームを探していました。
階段の下に着き、
左に寄り手すりの点字表示を確認すると、
違うホームと分かり、
パートナーと他の方に行こうとすると、
私達を見ていたらしい年長の男性が、
「どちらに行くんですか?」と
行く手を阻みました。
おそらく見えない人が一人歩きしていることなど、
彼の理解を超えていたのでしょう。
私が他のホームに行くと説明しても分からないようで、
いろいろ聞いてきました。
その時右後ろから女性駅関係者が
「どうしました?」と声をかけてきました。
他のホームに行くところと言い、
即誘導していただきました。
目的地に向かいながら、
小声で、
「ありがとうございます!
ちょっとやばかったんで…」と伝えました。
小柄な彼女が頼もしく感じました!

 程なく目的のホームへの階段に着き、
乗りたい電車がホーム左に着くと教わり、
お礼を言い階段を上り始めました。
後ろで先ほどの男性が
私を案内した駅の方に、
なにか聞いていました。
彼女は私が乗る電車のホームで
ここから先は大丈夫と言われたと伝えてくれたようでした。
男性は付いてはきませんでした。

 先日いつものデパ地下の店の店員さんと話し始めたとき、
初老の女性が、
「この盲導犬何歳?」と聞いてきました。
「ごめんなさい!
私は買い物するところなんです!」と言い、
なじみの店員さんは私を安全な場所に案内してくれました!

 もし、どこかで対応に苦慮している私のような人を見かけたら、
自然体で声をかけてくださると助かります。
その時、
声をかけてくださったときは、
最後まで保護してくださると助かります。
先日、
停車中の電車に乗ることを伝え、
普通車はもう少し前と伝えてくれた人は、
その後消えて、
いつもの経験で普通車に乗ったことがあります。
彼は幽霊か…?
posted by 風船 at 06:18| Comment(0) | エトセトラ

2014年08月14日

ショウガパワー

 ご無沙汰しました!
いかがお過ごしですか?

 私は相変わらずバタバタ過ごしています。
そして、
「気忙しい!」とはこのこと!
何ということはないのかもしれませんが、
なんとなく気忙しく過ごしています。
バタバタと気忙しさが重なると、
不器用な私は要領オーバーで…。
多くの方に助けていただき感謝です!

 この得がたい体験の中で、無形の宝物をたくさんいただいています。
それらを糧に成長できれば嬉しいです。

 さて、難しいことはおいといて…。

 今年も荒れた天気です。
2011年以来夏の乗り物の冷房は抑え気味でしたが、
今年は以前に近い物に戻っているようです。

 放置していた奥歯の虫歯治療に通い始めました。
周りで夏風邪が流行り始め、
私も流行に乗ったようで、
咳が出ていました。
ある日、節々が痛くなりました!
のどはいがいがする程度でしたが、
目の炎症が強く、
めずらしく微熱があったようです。
内科で飲み薬と目薬をいただきました。
数日節々が痛く、
咳が続き、
目の炎症は簡単には治まらず、
体中凝った感じでした。
ちょうどあせもが出始めたので、
いつもの夏のように朝湯と同時に帰宅してから軽く汗を流すようにしました。

 そして、素麺とナスが食べたくなりました!
素麺を茹で、
レンジで「チン!」したナスを冷やして
ショウガ汁をおもいきりかけ、
素麺つゆにもミョウガとシソなどと一緒にショウガ汁を入れました。
併せると通常の3倍量くらいでしょうか。
なんだか気持ちがよくなりました!
次の朝目覚めると、凝り感が取れていました!
自助スイッチが入った感覚でした!
やはり暖かい物、
もしくは暖かい物を自然に冷やした物と、
ショウガが私にはあっているようです。
それぞれのやり方で夏を乗り切って行きましょう!
posted by 風船 at 10:23| Comment(0) | エトセトラ