2014年05月14日

シャクヤク

 「立てばシャクヤク、
座ればボタン、
歩く姿はユリの花」は
美人の代名詞!
と書いて
通じる人は何人いるかしら?

 時々発作的に花を飾りたくなります。

 先日も発作が起きて、
花屋に行くと、
シャクヤクを進められました。
先代の花屋の主人は、
咲かせるのが難しいと言い、
1度開かなかった事があったような気がしましたが、
チャレンジすることにしました。
2度続きましたが、
2度目の時は繁忙時で、
茎に水を含ませたティッシュを付けずに渡されました。
玉のような堅いつぼみでした。
帰宅して急いでクラッシックなビール瓶にさし、
茎の裾を切り、
せっせと水を換えていました。

数日後、
少しずつ頭がゆるみ始め、
数日後に、
「フワーッ!」っと開きました!
とても良い香りが、
「ありがとう!」と言っているようです。
フウッ!っと疲れがとれました!
posted by 風船 at 08:19| Comment(2) | エトセトラ